仏 前 挙 式

ご本尊にふたりの「結婚」を報告し、この「縁」に感謝を述べ、これからどんなふうに夫婦として生きていくかを誓言するというものです。











仏前挙式

仏前式とは、仏様の前で挙げる結婚式で、多くの場合会場は先祖代々を祀る菩提寺や、なじみのある寺院、自宅の仏壇の前となります。仏前式では、仏様とご先祖様と親族に「結婚の報告」を行い、ふたりが出会い結婚に至った「縁」を、仏様に感謝します。また、参列者は“親族のみ”が基本で、友達や職場の上司や仲間にも祝ってもらいたい場合は挙式後に披露宴やお披露目パーティを行いましょう。


仏前式の衣装は、基本的には神前式と同じと考えてください。寺院やお堂で挙式する場合は原則として「和装」です。

教会挙式では、神父さんに「○○を誓いますか?」と聞かれて新郎新婦は「誓います」と答えますよね。仏前式の“誓いの言葉”は、それとはちょっと違うのです。

仏前式の誓いの言葉は「新郎新婦ふたりの誓い」であり、新郎が代表で読み上げます。その内容についてはお寺、宗派によって異なり、決まった言い回しはありませんが、人前式のように何を伝えてもOKというわけではありません。予め決まった文言が用意されていて、それをベースに自分たちなりのアレンジをします。